126Views

冬になると、すねがカッサカサ。粉吹いてるんだけど改善するの?

dsc_0014

いきなり汚い足をのせてすいません。
サイトにも載せたのもそうですが、机にも載せたのは良くなかったです。

毎年、冬になると、すねがカサカサになってひび割れみたいになるんですよ。
もう自分の足はこういうもの。って思っていたんですけど、痒いし、汚いし、改善出来るならしたいなって思って調べてみました。

30代から40代が非常に悩む「粉吹き肌」とは?

自分の肌の状況が分からなかったので調べると、どうやら「粉吹き肌」というものだった。
30代~40代が非常に悩んでいるらしい。
…いやいや、20代だんだけど。

粉吹き肌の原因はこんな感じ。

健康な肌は、角層がバリア機能を果たして潤いを保っていますが、寒さや乾燥によって肌細胞に元気がなくなると、正常な角層づくりが行われなくなり、肌の柔軟性がなくなります。その結果、角層に亀裂が入って「粉ふき肌」になってしまうのです。

情報源: 乾燥したすねを治す方法

特に、すねは、皮脂の分泌が少ないため、カサカサの粉吹き肌になりやすいとのこと。
だから、いつも乾燥してくると、すねから痒くなってきて、粉を吹き始めるんです。

この他にも、腕や背中なども「粉吹き肌」になりやすい場所との事。
背中なんかは冬場、衣服を着こんでいるので、見られる心配は少ないですが、足や腕は乾燥していて粉が吹いていたら見た目もあまり良い物ではありません。

情報源: 乾燥したすねを治す方法

改善方法

ai_img_7679_tp_v
粉吹き肌を改善しようと思った場合、日々のケアが非常に大事になってきます。
乾燥肌対策から、ひどくなってしまった場合の対策までいくつかご紹介致します。

・エアコン
まず、いますぐに出来る対策がエアコン。夏も冬も使用していると思います。
エアコンがずっと効いている空間にいると、肌がピリピリするような感覚を体験した事はありませんか?
エアコンの風が直接肌に当たってしまうと、乾燥肌になりやすいので注意してください。

・入浴時
お風呂に入った時も注意が必要です。
肌が痒いから、ゴシゴシ洗おう!なんてことはやめて下さい。
肌が痒いという事は、肌のバリアー機能が低下しています。
その状態の時にさらに強く洗ってしまうと逆効果です。
かるく洗い流す、もしくは手で洗ってあげて下さい。
そして、お風呂上りには保湿をしっかりする事。

・ストレス
睡眠不足などのストレスから、お肌が悪影響を受ける事もあります。
しっかし寝て、しっかり食べる。規則正しい生活を心掛ける事も、乾燥肌や敏感肌を防ぐことに繋がります。

症状がひどい場合

乾燥して、さらに亀裂が入ってしまってひどい場合、保湿をするだけでは改善されません。
とりあえず乾燥してるから、ボディクリームを塗ろう。そう考えていませんか?
亀裂がひどくなる前なら、ボディクリームなどの保湿で大丈夫です。ただ、亀裂が入ってしまった場合、表面上だけ保湿しても効果は薄いのです。
もし、キレイにしていきたいのであれば、しっかり治療薬を使って角層から改善していく必要があります。
近くの皮膚科などで対応してもらいましょう。

ABOUTこの記事について

記事を書いた人

youheifunatsu
WRITER
ふなしー

九州、大阪、東京を転々としています。 好きな物は、お酒と女性です。

Posted in 美容Tagged , , ,