2,399Views

穴が開いてる!リーボックのポンプフューリーを徹底検証!

large (1)

最近街中でよく見るこの靴。
Reebok(リーボック)のスニーカーで、正式名称は「インスタ・ポンプ・フューリー」と言います。
さて、この靴がなぜ人気なのか、コーデの仕方など徹底的に検証していきたいと思います!

歴史が長いポンプフューリー

私自身知らなかったのですが、この靴、実は1994年に発売されて、今年で23年を迎えます。
20周年記念の時に、様々なコラボを実施して知名度が一気にあがり、街中でもよく見かけるようになりました。
さらに、正式名称がインスタ・ポンプフューリーと言うこともあり、写真投稿型のアプリインスタグラムと名前がかぶっている事で、頻繁にお洒落な写真が投稿されるようになりました。
それで更に知名度が上がったようです。

ポンプフューリーの特徴

IMG_20170724_185816_resized_20170724_070412917
ポンプフューリーの特徴と言えば、靴紐がないこと!
スニーカーであれば基本的に、靴紐がついている事が多いですが、このポンプフューリーは名前の通り、ポンプで空気を入れて締め付けるのです。

IMG_20170724_185858_resized_20170724_070416634

ちなみに靴の上部についているのがポンプ。
柔らかい素材でできているのでここを実際に推すときつく締まるのです。

空気の量を調整する事でフィット感もよく、非常に軽い!
ランニングなどにも非常に適しています。
そして、カラーバリエーションが豊富という事も人気の理由の一つでしょう。
自分のお気に入りのカラーが絶対見つかるはずです!

季節は夏?

ポンプフューリーを履く季節は基本的に夏がお勧めです!
冬も履けない事はないのですが…とにかく寒いのであまりお勧めできません。
その理由は、すき間があるからです。

IMG_20170724_185828_resized_20170724_070414725

両サイドに二カ所ずつ穴があいています。

IMG_20170724_185835_resized_20170724_070410880

そして、全体的にメッシュ素材ですので風通しがすごく良い!
夏はスニーカーですがサンダル感覚で履くことが出来ます。

靴下は履くのか?

ポンプフューリーは穴が開いているので、靴下が丸見えです。
そんなに大きな穴ではないので気になる事もあまりないのですが参考程度に写真を貼っておきます。

短い靴下を履いた場合

IMG_20170724_190053_resized_20170724_070348962
IMG_20170724_190044_resized_20170724_070350874

完全に靴下が見えません。
裸足で履いている人も中にはいますが、少し蒸れてしまうので短い靴下を履いていた方が後々楽なのではないでしょうか。

IMG_20170724_190258_resized_20170724_070347110
IMG_20170724_190131_resized_20170724_070344647

色付きの靴下を履いても非常にお洒落です。
黒や白などシンプルなスニーカーの場合は靴下を多少派手な色にしてはいかがでしょうか。
逆に靴がカラフルな場合、シンプルな靴下でまとめてみてはいかがでしょうか。

豊富なカラーバリエーション

ポンプフューリーを選ぶ際に、カラーバリエーションが豊富すぎて悩みます。(実際私がそうでした)
スニーカー自体が少しゴツゴツしているので、存在感が半端ないポンプフューリー。
無難に履きこなしたいのであれば、黒や白、ネイビーなどがお勧めです。

他の人と被りたくない!個性を出していきたいという人は自分が気に入ったカラーを選ぶのも一つでしょう。
これまで出た様々なコラボのポンプフューリーもお勧めです。

th

赤と黄色のポンプフューリー。
まるでアイアンマンみたいなカラーリングです。

th (1)

足元にインパクトを与えたいのであれば、多くのカラーを取り入れているものを選ぶのもいいでしょう。

th (2)

メッシュ部分にレオパード柄を取り入れています。

サイズ感は少し大きめを

最後にポンプフューリーのサイズ感をお話しします。
この靴、普通のスニーカーに比べてサイズ感は少し小さめです。
26㎝を履いている男性であれば、25.5くらいをお勧めします。

ネットで買うのも良いですが、店頭に行って履いてみて選ぶのが一番無難かもしれません。

さて、最後にポンプフューリーを買うべきかどうかという点では私はありだと思います!
実際に買って履いてみたのですが、本当に軽くて履き心地が良い。
値段は1万5000円~2万円と少し強気な価格設定だし、春夏しか履かないとなったら少しもったいない?と感じるかもしれませんが、それを上回る履き心地でした。
自分が気に入ったカラーがあったのであれば即買いレベルです。
是非、ポンプフューリーを履いて、この暑い夏を乗り切るのもいいのではないでしょうか。

ABOUTこの記事について

記事を書いた人

youheifunatsu
WRITER
ふなしー

九州、大阪、東京を転々としています。 好きな物は、お酒と女性です。

Posted in ブランドTagged , , , , ,